大人と子供のための読みきかせの会 TOP > 作品紹介 > ちいちゃんのかげおくり

作品紹介

■ ちいちゃんのかげおくり

あまんきみこ / 作 上野 紀子 / 絵

悲惨な戦争の時代を生きる少女の悲しい物語 幸せな世界を願いこの作品をお贈りします


※大型絵本の高さは最大3メートル近くなりますので、 学校の体育館の一般的なステージくらいのスペースが必要となります。

■ 制作秘話

「かげ」と「そら」をテーマに

この作品でちょうど12作品目となる大型絵本。 今回は「かげ」と「そら」をテーマに絵本ができあがりました。横への広がりだけではなく、ちいちゃんたちがかげを送る「そら」は絵本の上の方へ、本当の空のように高く広がります。
また、町に爆弾が落とされ、燃え広がる炎の中を幼いちいちゃんが逃げまどうシーンは、音楽と照明によって巻き絵がより効果的に演出されます。絵本にできる「かげ」をどうぞお楽しみに。

かげおくり・テーマ曲

この作品には荒井泰子が全編作曲を手がけ、ピアノを演奏します。空に向かって家族4人でかげおくりをするとき、お父さんやお母さんそしてちいちゃん、おにいちゃんの声にのって、「かげおくり」のテーマ曲が演奏されます。 実際に自分の子供とかげおくりをしたことのある荒井が、目線を地面の影から空に向けて上げていくときの感じをよく覚えていて、それが最初に音になりました。青く澄んだ空から家族みんなの声が聞こえてくるような美しい旋律を存分にお楽しみください。

平和な日本だからこそ

戦争でバラバラになってしまったちいちゃんの家族。 一人寂しく空にたびだっていった幼いちいちゃん。 終戦から60数年がたち、戦争の実体験をご自分の言葉で聞かせてくださるお年寄りもずいぶん少なくなりました。平和な時代に生きる私たち。しかし世界のどこかには今もまだこの物語のちいちゃんと同じように、戦渦に巻きこまれながら生きる子供達がいることを忘れてはならないような気がします。

■ 舞台設置図


大型絵本サイズ:幅最大3メートル、奥行き1メートル50センチ、高さ3メートル弱

■ オリジナルCD

きいろいばけつ

朗読 中井貴恵   音楽 荒井泰子
今から60数年前、日本は戦争をしていました。戦争が奪ったたくさんの命。
「かげおくり」をして、空にいったちいちゃん。
たくさんのちいちゃんが世界にいました。いえ、今でもいるのです。
作家のあまんきみこさんと画家の上野紀子さんの
平和のメッセージともいえる「ちいちゃんのかげおくり」。
荒井泰子の音楽と共にお聞きください。
本体価格 1000円(税み) 送料別

お問い合わせオリジナルCD