大人と子供のための読みきかせの会 TOP > 作品紹介 > あのこにあえた

作品紹介

■ あのこにあえた

森山京 / 作  土田義晴 / 絵

「あえる・・・ あえる・・・ あえる・・・」 きつねのこは つりばしをわたっていきました。 あいたかった きつねのおんなのこにあうために。
「つりばしゆらゆら」の続編ともいうべき 「あのこにあえた」 美しいワルツにのせておたのしみください。


※「つりばしゆらゆら」の続編です。「つりばしゆらゆら」の公演を見ていただいたところでのみの公演となります。

■ 制作秘話

ほんとにできるの?

大型絵本制作のチームリーダー平野は「あのこにあえたは巻き絵でいくぞ!」との初心を表明。ほんとにできるの?半信半疑の我々を後目に、徹夜の作業が始まりました。

お父さんたちの力

活動を始めてから影になり日向になり私達を支えてくれているのが我々の夫です。土日の公演の時の子供達の世話はもちろんのこと、巻き絵の仕掛けにはお父さん達の力とアイディアがたくさん活かされています。

日本の名曲

「つりばしゆらゆら」の「むすんでひらいて」に続き今回も日本の名曲として「もみじ」を入れました。ところが、どうも今の子供達にはこの「もみじ」という曲を知らない子が多いようです。こういう名曲が歌われなくなっていくのはなんとも寂しいものです。美しい紅葉の絵とともにお楽しみください。

 

■ 舞台設置図


大型絵本サイズ:幅最大3メートル、奥行き2メートル、高さ2メートル弱

お問い合わせオリジナルCD